Garbage-room

The sad little, sensitive, unappreciative, Pisces, Jesus man

Interfax "Harmonic Percolator (early?)"

未だ謎多きペダル、Interfax "Harmonic Percolator"

f:id:garbage-room:20180110135528j:plain

ebayで初期型と思しきこの品を見つけ我慢できずポチってしまった…

まぁ中身見たらすご〜く綺麗なプリント基盤でちょっとがっかりしました。

初期のモデルかと思いきや、デザインだけなのでしょうか…?謎です。

 

Harmonic Percolator と言えばアルビニ・サウンド。

以前の記事でも書きましたが、訂正します。アルビニはアンプとマイクプリアンプ、そして代名詞でもあるTravis Beanのアルミニウムギターによって鋭角なクランチサウンドを作り上げているものと思われます。

パーコレーターを愛用しているのは事実ですが、コイツを踏んだ時のサウンドはフィードバックノイズに塗れたブッ太い轟音サウンドですし…(彼はフルテンでしか使用しないとも公言しています) 

Live中にギターのvol.をいじっている姿もちらほら見えますが、それは微妙な味付け程度。根本的には上記の通りかと思われます。

 

満足できないみんなはトレブルブースター、踏もう!以上です。

Tech21 NYC "SansAmp Blonde"

Tech21のキャラクターシリーズ、Fenderアンプをシミュレートした"SansAmp Blonde"です。

       f:id:garbage-room:20161111111828j:plain

以外とレビューされてるのを見かけないので今回紹介してみます。

 

キャラクターノブがサウンド作りのキモで、7時の位置から黒/銀パネ〜ブロンド〜ツイード〜リヴェラ期と変化していきます。

自分はブラックフェイス期のサウンドが大好物なのでセッティングは画像のような感じです。

宅録でもミキサーに繋いでほぼ自分好みのブライトなクリーンサウンドを再現できるので非常に頼りになります。

 

最近はBJFと組んだOne Controlが様々なアンプをモチーフとしたペダルを続々とリリースしておりますが、SansAmpみたいに一芸に特化したアンプシミュレーターは1台あると便利ですね。

 

nature sound "over drive"(limited edition)

nature soundによるFenderツイードアンプを再現したoverdriveペダルです。

       f:id:garbage-room:20161031145951j:plain

クリッピングスイッチのある限定モデルです。

まずドライブ12時以降はネットでの評価との違いに驚くレベルでブッ太く歪みます。

コイツでアンプをドライブさせると確かにツイードっぽい膨らみ方はある気がします。

MXR Distortion+ に似ているとの情報をとあるブログで目にしましたが、確かに似ている気がします。

あとハイファイな感じはあります。音が鮮明で良いですね。

 

燻し銀な筐体もイカしてます。余裕があればオリジナルも試してみたいものです。

 

Vopalcrafts "Vopaldrive 2"

惜しくも廃番となってしまったVopalcraftsによるペダル、Vopaldrive 2です。

    f:id:garbage-room:20160809154309j:plain

基本的にはアッパーオクターブの良く出るブっ太いFuzzです。ブリブリです。

ギターのヴォリュームを絞るとザクザクとした攻撃的なサウンドになります。

これはもうアレです、バリってますね。色んなリフを弾きたくなります。

 

自分は馬鹿の一つ覚えなのでこいつにもトレブルブーストをかけます。

攻撃的どころか音による暴力とまで言っても過言ではないサウンドになります。

とは言え基本は単品で楽しむべき逸品だと思います。

ペダル一個しか持っていけないのならばコイツで決まりですね。

 

バリってるFuzz大好きです!

Vincent Gallo "When"

 俳優・映画監督・アーティストとしてカルト的な人気を誇る"Vincent Gallo"による一枚

When [解説・歌詞対訳付き国内盤] (BRC45)

When [解説・歌詞対訳付き国内盤] (BRC45)

 

アンティークと言って差し支えない機材によって作られたサウンドは温かみがありながらどこか物憂げで、聴き終わった時には一つの映画を観終わったようなそんな気分にさせてくれるアルバムです。


When

Selfish Cunt "No wicked heart shall prosper"

イギリス発の現代に蘇ったパンクバンド、"Selfish Cunt"の1stアルバム

No Wicked Heart Shall Prosper

No Wicked Heart Shall Prosper

 

この頃はギターとヴォーカルにドラムマシーンの編成でゲリラギグを繰り返しロンドンのアンダーグラウンドシーンでカルト的な人気を得ていました。

ベースとドラムをメンバーに加え、正式なバンド編成で製作した2ndアルバムもあるのですが、紹介するのはあえて1stで。触れるもの皆傷付ける、そんなサウンドです。

2ndを出した後くらいから映像も交えたスタイルのショーをするようになり、所以パフォーマンス集団的なイメージが加速、気付けば自然消滅…諸行無常です。

YouTubeの動画を貼り付けようとしたら、検索避けされてました。

バンド名がアレですからね、仕方ないね。

Rockett pedals "Rockett boost (masterbuilt)"

Rockett pedalsのmasterbuiltシリーズ、"Rockett boost"です。     

                 f:id:garbage-room:20160701153730j:plain

フル/クリーン/トレブルの3種のモードを備えております。ミニスイッチでベースブーストもできる優れモノです。

いいアンプがあればこれ一つで勝つる!というくらい素晴らしいブースターです。 


Blues Guitar Rockett Boost Guitar Pedal Strat TREBLE BOOST


Rockett Boost Full Boost Strat mean bluesy tone

本家サイトで通販購入可能です。5万円くらいしますが…音は最高です。